犬の健康を考えるならドッグフードの原料はビーフがいいの?

ドッグフードの原料といえば、一番メジャーなのが、ビーフなのではないでしょうか?
なぜ、多くのドッグフードの主力の原料といえば、ビーフが主体なのか
確認してみました

ドッグフード.ビーフ

ビーフの犬への体の影響は?

まず、たんぱく質が豊富
これは犬が生存するために必要な栄養素
動くためのエネルギーの原料となります

 

脂質も豊富
これはうまみなどの源になるので
犬の食いつきが変わります

 

亜鉛と鉄分や鉄分が多い
これらは犬の血液などを作るのに必要な成分
貧血などのリスクを軽減できます

 

もちろん、犬の体に吸収されやすい
ヘム鉄なので安心してください

 

不満な点は?

ドッグフード.ビーフ

脂質は取りすぎると肥満などの原因になるので
適量を与えることを意識してください

 

食後のケアは?

ドクターワンデルなどのデオドラントケアを
こまめに使うことを心がけてください

 

関連記事
ドクターワンデルを激安価格でお試しできる唯一の方法を暴露のトップページに戻ります

TOPへ